印刷のコストと商品イメージ

image6チラシを印刷するなら激安のところに頼もう!と印刷の質を抑えていませんか。紙の厚みが薄く、安い紙を仕様したり、色を少なくしたり…たしかにチラシの印刷コストは下がるかもしれません。

しかし、これには悪い影響があります。

それは印刷の質を落とすことによってチラシが見向きもされないことです。

チラシ印刷のコストを安くして、激安の商品を多く売り出したい!

そういった考えに基づいてコストダウンのために、紙質を落とす、色を少なくするといった方法を取るのは、商品を安く売るためにはよい努力かもしれません。

しかし商品イメージが合わないとそれが逆効果になってしまいます。

例えば住宅や、冠婚葬祭関係、高級感高額な商品は安っぽいチラシだと安いイメージが商品に付き、価格を見た時高いなぁという印象を感じさせてしまうのです。

激安でチラシの印刷を、と考えるあまり商品のマイナスイメージにつながってしまう。

それは、意外とある落とし穴なのです。

そうなると印刷したチラシ自体が無駄になり、激安どころか丸損です。

チラシの印刷をするときは商品イメージにあった印刷を考え、そこから仕様にあった印刷、印刷コスト、激安商品の選択をし、かしこくチラシを印刷するようにしましょう。