印刷費を安くするデザイン

image06チラシの印刷コストを安くするには、印刷会社の激安商品を選んで印刷をするだけではありません。

チラシに適当な紙と紙サイズを選ぶ必要がありますが、デザインも見落としてはいけません。

チラシは仕様によって、データの作り方がかわります。

例えば印刷した面の外側にチラシによく見られる白い枠がつく仕上げになるものか、フライヤーなどに見られるようなデザインの端で紙を切り落とした仕上げになるものか…。

それらは各印刷会社、印刷機の仕様や紙のサイズによって変化するものですが、データもそれに合わせて作らないといけないのです。

ですから、チラシの紙と紙質を選んだ後、デザインを作るという流れで進めないと、後でデータの仕様が変わった場合、修正のための費用がかかってしまったりしてデザイン料が高くついた!

なんてことも起こりかねません。

安くしたいとおもって、ちょっとの妥協を含んで安い印刷のチラシを選んだのに…と元も子もないですね。

そんなことを起こさないように、ちゃんとチラシを印刷する前にはデータの仕様が決まるように決定事項はすべて決めてからチラシのデザイン、印刷へと取り掛かりましょう。

チラシの印刷を激安でするにはうっかり他のことで費用がかかってしまわないようにするのが大切です。