対象をしぼって広告費を安く

image12印刷するチラシの枚数は、どういった決定をしていますか?

チラシはまず配布する必要枚数にあわせて印刷します。例えば折込であれば配布エリアの枚数、ポスティングなどであれば配布地域の必要枚数で考えます。そして、チラシの印刷枚数を決定という方法が一番印刷コストを激安にしたいとお考えの方にはおすすめです。

一般的に、チラシの印刷を印刷会社に依頼して、この範囲で印刷した○枚で出来るだけ折り込む…という方は非常に多いです。

しかし、よくよく考えてみれば、それは非効率なやり方で、チラシの印刷コストを無駄にしているかもしれません。

例えば、この地域に配布したいのに10,000枚では足りなかった…ある分だけで折込しよう。

せっかく地域一円に折り込むはずなのに、必要になるだいたいの枚数を知らなかったばかりに足りなかったということはよくあることです。

また、売りたいマンションのチラシを近隣地域に配布しよう。○枚だからそれにあわせてチラシをポスティングしたけれど反響がなかった…実はその理由は、配布した地域が新興住宅街で周りは新築の家ばかり。新築マンションを売ってももう購入した後の人ばかりだった…。

極端な例だと思われるかもしれませんが、地域の分析をしっかりしていないとチラシを印刷しても、十分にチラシの広告の力は発揮できないのです。

対象の年齢層や、配布地域など分析を行うことで、いつもかかっていたチラシ印刷の費用を激安にできるようになるかもしれません。